小学校の受験である行動観察とはどういったものか

私立の小学校は個性が活かせるところ 子どもの時にはよく親からこうしなさい、ああしなさいと言われたと思います。言われてもその時には自分のことしかわからないので言われたとおりにしなかったこともあります。後から考えるとなぜ聞かなかったのだろうと思うこともあります。子どもによっては素直に聞いてその通りにできる場合もありますが、なかなかわからずに逆のことをしてしまう子もいます。どちらがいいかはその時次第です。自分の考えを持って活動するのがいいとすることもあります。

小学校の受験をするときに項目としてあるのが行動観察と言われるものです。これは子どもに自由に遊ばせたり、集団でゲームをする様子を観察するものです。面接であれば親にある程度言われてその通りにすることができますが、この行動観察に関しては日頃の行動がそのまま出てしまうことがあります。あまりいうことを聞かないような場合は自由気ままに行動してしまうことがあります。一方でこの頃からうまく周りと調和が取れる子もいます。

行動観察対策としては、日頃から子どもと交流をし、していいことと悪いことの区別を付けさせるようにします。前日にそういったことをしなさいと言ってもできるものではありません。受験対策校などに行くこともいいかもしれません。

Copyright (C)2022私立の小学校は個性が活かせるところ.All rights reserved.