小学校で系列の中学や高校との関係

私立の小学校は個性が活かせるところ 少子化が進むに連れて有名私立大学が優秀な生徒の囲い込みに懸命になっています。その一つとしては高校の付属化があるようです。元々は別の学校法人であったところを系列に入れて高校名に大学を入れるようにします。そしてその高校から優秀な生徒を優先的に内部進学させるようにします。系列の高校であれば一定の学力を付けさせることができ、更には一般入試前にほぼ進学を決めさせることができます。一般入試で他の大学に行かれるケースが減ります。

高校の付属化も多いのですが、もっと多くなっているのが小学校の付属化です。こちらはさすがに既存のところを系列化するのではなく1から設立することになるようです。それまで中学校からだったのに、新たに作ることになります。関係としては、ある程度は内部進学をさせ、外部からも少し入学させるようにしているようです。よほど成績が良くない状態だとできない場合もあるかもしれませんが、極力内部進学させるようにしてくれるようです。

国立と私立では付属しているところの付属目的が異なります。私立は自分たちで優秀な生徒を育ててそれらの人に大学に来てもらうために付属化します。国立は大学に内部進学する人はほとんどいないかもしれません。教育学部などになるからです。

Copyright (C)2022私立の小学校は個性が活かせるところ.All rights reserved.