国立の中学に行くには国立小学校に行くほうがいいか

私立の小学校は個性が活かせるところ 大学といいますと国立と公立、つまりは都立、県立、市立といったところはそれほど大きな差はないように思います。学費なども国公立としてひとくくりにされます。しかし高校以下の場合は国立と公立は差があります。更に中学以下では受験をするかしないかでも差があります。国立は受験をしないと入れませんが、公立は義務教育ですからだれでも入ることができるようになっています。選択肢として国立の行くのがいいのかどうかが迫られます。

国立の中学に行くことを考えたとき、国立の小学校に入って内部進学をするのがいいか、一般の公立校から中学受験をするほうがいいのかがあります。国立中学にもそれぞれレベルがあり一概には言えません。一般の受験に対しては有名私立中学並みの学力が必要とされます。中学受験は大変とされます。それに比べると内部進学は若干楽になるようです。授業いついていくことができ、平均以上にいるのであれば、そのまま進学できる可能性が高いようです。

あくまでも中学進学時点での辛さのことであって、結局は高校進学時においても同様の問題が出てきます。あまりのんびりしているといつの間にか下位グループに入ってしまって内部進学できなくなることもあります。

Copyright (C)2022私立の小学校は個性が活かせるところ.All rights reserved.