国立の小学校で中学に進学をする時

私立の小学校は個性が活かせるところ 自分自身を振り返って勉強を好んでしたのはいつぐらいかを考えてみました。勉強が面白いと感じたのは予備校に行っている時でした。そのときにわかることが楽しいと思えました。それまでは指示されていたことを黙々とこなすだけでした。そんな状況もありさすがに大学は有名なところに行くことはできませんでしたが、もしそういった気持を小学生の頃に持っていたとしたら中学や高校に勉強をしたのかもしれません。大学もいいところに行けたかもしれません。

国立の小学校に入って中学に進学するときの子どもの気持ちを考えてみます。無事入学した時は幼稚園から上がったばかりの状況です。正直言って勉強が楽しいと思える状況ではありません。一応授業はそれなりに高い質のものが受けられるのですが、それについていけるか、楽しむことができるかは別です。そのために一部の子は勉強についていけなくなるようです。ついていけている子に関しては中学においては内部進学の試験を受けることができます。この試験を受けられる状態であれば合格する可能性も高く、そのまま進学も可能なようです。一方ついていけない子に関しては内部進学の試験を受けさせてもらえないことがあります。そうなると地元の公立の中学か別の私立中学などの受験になります。親としていかに子どもに勉強をさせるようにするかになります。

Copyright (C)2022私立の小学校は個性が活かせるところ.All rights reserved.